バーレーンのなんとか。

ベッテルがポールからのスタートの時は、だいたいベッテルが勝つ法則。
しかし、ポールスタートでも勝てなかったチームも良く知っているので、つまりそういうこと。

今年のF1はマクラーレンとメルセデス以外はまったくどうなるか予測できなくて楽しいです。
BSアンテナ、立てて見るだけなら特に契約とかいらないから、気になる方はぜひ。

画像

今期のF1最大の特徴が段差ノーズ。
昨今のハイノーズ化ブームは、ノーズ下から大量の空気をボディ下へ送りこみダウンフォースを得る目的があったのですが、あんまノーズ高いとクラッシュしたとき危険だよ!ってことで、モノコックというか、ドライバーの収まるバスタブの上端よりもノーズの高さを下げなさいよ、ってやつです。
大雑把に説明しても長いわぁ。
まあ、擬人化にあたって、あまりにもノーズが高いと乳首見えちゃうんで、助かるっちゃ助かるんですが。

そんなわけで、いよいよバーレーン決勝スタートです。
勝利の鍵はプライムタイヤ。
ただ、新品のオプションをレース終盤まで温存しているチームがいたら、ちょっとした番狂わせがあるやも知れません。

あとは・・・火炎瓶が投げ込まれないことを祈るばかりです。

"バーレーンのなんとか。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント