OS無料アップデートの時代。

1ヶ月の間にiOS、Windows8.1、そしてMacOS Xと立て続けにOSがアップデート。
しかも無料。
その雑感。
画像


もともとWindowsをしばらく使っていたので、OSアップデートはお金と互換性のリスクがあると考える派だったのですが、ここ最近はかなりいけいけドンドンな感じ。
というのも、ベンダーが特に互換性の問題をチラチラ提示させて来ないから。

WindowsもXP(SP3)以降はけっこうマシになってはいたのですが、古参にはそのへんの潜在意識は拭えず、結局XPのままWindowsをメインから外したのは去年のこと。
まあ、Macにも10.6の壁はあったりするんですが、刷新なのであまり気にはしませんでした。

で。
Mac、というよりもApple環境ですか。
やはりハードと一体化してるだけあって不具合は少ないし、なにより特定のビルド、機種に対するアップデートがあって安心感がある。(早くはないですが…)
なので、こうしてMacOSも気軽にアップデートできるし、なにより無料。
以前の感覚と変わってしまっても仕方が無いのかもしれませんw

画像

中身に関してはメディアがいろいろ取り沙汰してるので、詳しくは書きませんけど。

○iOS7
今も頻繁にアップデートが来てますが、見た目はやはり大事、ってこと。以前の冷たい感じには戻れません。
機能的には特に。ガジェ好きには何の問題も無く使いこなせるレベル。
Safariがスワイプでかなり化けたのでブラウズは以前よりも快適になったと思います。
しかしドックの見た目がチープなんで、そこはなんとかして欲しいかなあ・・・

○Windows8.1
スタートボタンが付きました。

(終わり)

・・・デスクトップ懐古かと思ったら、個人的にはタブ端末特化と感じました。
Latitude10はお絵描き機と言う特性上、けっこうぐるんぐるん回すんで、ハードウェアキー以外にモダンに戻れるスイッチが出来たのはすごくありがたい。
使いこなすとタブ端末が魔法のデバイスであるかのように自由に飛べるので、けっこう気に入ってます。
チャームを使いこなしてた人なら、すぐに気に入ると思います!

○MacOS X Mavericks
あまり変わらな・・・
ファインダーの強化は素直にありがたいです。動画作りとなるとリソースがあちこちに散らばっちゃうんで。
マルチディスプレイもありがたいと言えばありがたいんですけど、もともとディスプレイ増やすならノートも立ち上げて2台でやるので・・・


こうして、ことごとく無料でアップデートされたOS群。
世間ではWindowsがデカデカとスタートボタン復活とか騒いでましたけど、中身的にはSP1くらいなんですよね。
でも、今までの地味(でマニアック)なサービスパック形式から脱却しただけでずいぶん印象が変わるものですね・・・
そういう意味ではWindows8.1は好きかな。

まあ、スマホはともかく、パソコンのOSはどこまで無料が続くか、ですね。
前述したように、WindowsでもSPに関しては無料だったので、別に8.1が新規ではなくSP1であると言ってもいいのですが、そこんとこMicrosoftさんはうまく宣伝してる。
このまま早いペースで8.2、8.3と展開するか、新規にWindows9?をリリースするのか。そしてそれは無償か有償か。
ハードと併売のMacはこの戦略にどう向き合うのか、中身に対して数字を繰り上げるタイミングは・・・。

いろいろ今後の展開が気になります・・・



ただ・・・



今回の件で調子に乗って・・・




Windows9が8+1にならないことを祈ります・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック