Kindle生活。

Kindle生活、はじめました。

画像

paperwhiteとFireHDです。
最初はpwだけだったんですけど、コミックの手軽さに感動してしまい、追加でFHDも購入w
使ってると、なぜだかどうして、きちんと使い分け出来るので、まさに夢のKindleライフです。
*ちな、普通のFireでない理由はあまりにもハードウェア仕様が異なるため(スピーカー、解像度)。
*あと表記上の5グラムの差が違いすぎて・・・Fireめっちゃ重く感じました。

画像

paperwhiteはとにかく電池の保ちと小ささと気軽さ重視で購入を検討してました。
当然、購入に至ったので条件は完璧にクリアしています。
活字は紙ほどコントラスト強くないので、一見薄いかな?とも思うんですが、バックライトとの組み合わせにおいては抜群の視認性で、こう、”読みたくなる”感じです。
インクの応答速度もあって、パッと表示が切り替わらないのですが(文字入力時はしんどいかも)、むしろアナログっぽさが出てて、よく考えてるなー、と感心させられました。
電池切れの心配がほぼ皆無なのもすばらです。

画像

FireHDはKindleカラー版。なのですが、それ以上かも。
基本、解像度信者ではないので、パネルは発色とか視認性重視なのですが、これはとてもキレイな液晶!
Amazonのフォーマットがいいのか、とにかくスパシーバ!な品質です。
漫画に関してはpwだとかなり文字もぼやっとしていたのですが、FHDでは紙よりもきれいかもしれません。
そこそこの性能の端末なので、多少の読み込みはあるもののパラ見も余裕。
漫画やラノベを読むのには最適な端末なのでは、と思いました。
あ、この子も電池すごく持ちます。ヘビーユースでなければ3、4日に一度充電でいいくらい。

画像

当然、FHDはピュア機ではないとはいえAndroid端末なので、アプリもそこそこ。
僕はひとまずお約束でDolphin+FLASHで艦これやってみましたが、まあ、動くレベル。
とはいえ、Dolphinブラウザ自体は素晴らしくサクサク動くので、ソファでごろ寝インターネットはiPadに換わってこの子になりそう。
公式ストアからはradikoを入れてみましたけど、FHDの音、結構いい。
公式ケースでテント状態にして立てて鳴らすと、いい感じに反響して音質も豊かになる・・・!?

Amazonでは一応今日まで三千円引き、そして間もなく新端末登場なんでしょうけど、よほどのスペック重視な人でない限り、このコストパフォーマンスは大いにありですね。
ちなみに僕はpwはジョーシン、FHDはソフマップで買いましたwが、設定自体はAmazonアカウント登録くらいで恐ろしく簡単でした。

最近は家にいることもあまり無いので、Kindleを鞄にポイッとしておくだけで、殺伐とした生活に潤いが持てる・・・かも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック