Latitude10を試してみた!

艦これがブームです。
どこでもやりたいのです。

画像

というわけで、DELLのLatitude10です。
各種メディアでは最初は企業向け、そして一般販売でお絵描きタブレットとして認知されてる製品です。
大雑把に説明すると、
○10インチWindows8軽量タブレットである。
○CPUはClovertrailのAtom(Tegra3相当)。
○ワコムのデジタイザを内蔵しており、cintiqとかあの辺と遜色無い追従性のペンタブである。

と、こんな感じ。
えー、Atom~?って感じではあるのですが、ブラウザやアプリを触った感じ、体感的にはさほど遅いと感じません。
中華タブレットとNexus7を比べたときの、Nexus7のヌルっと感みたいなものを感じます。ようは快適!

画像

iPadとサイズ、重量ともにどっこいどっこいな感じですが、フル機能のWindowsというのはデカい。
更にワコムのデジタイザって響きだけで、ああ、お絵描きに使えるって気になれるのもグッド。

画像

DELLのオプションの微妙な安っぽいケース。無いよりはマシな程度ですが、オプションバッテリだと装着出来ないので注意されたし!

画像

また、スッポリ収まるマイクロSDスロットも付いてるので、内蔵の64GBのSSDをメディアファイルに圧迫されたくなかったら、こちらに逃がすと良いでしょう。
ちなみに。
公式だと内蔵ストレージがSSDと書いてありますが、ClovertrailはSATAをサポートしていないので、俗に言う、速い簡単気持ちいい!で知られる高速ストレージではなく、iPadとかのeMMCかと思われます。
まあ、ソリッドでステートなドライブって意味では間違っちゃいないが。

で、肝心のあれなんですが…
画像

動く!けっこうしっかり!
最初、セットアップとかブクマとか面倒だったんで、Chromeでやってたんですけど激重ぷっつん丸で、あーしくったなーとか思ってた訳ですが。
そーいやIEだとピンチインとかできるんだよなー、と何気に立ち上げてググって遊んでたら、ん?なんかめちゃ軽くね?ってなりまして。
で、艦これ始めたら、最初はFLASHのエラーも吐いてたんですけど、タッチ操作をじっくりやるようにしたらうまく行って…
ただ、サウンド関連にやや難ありみたいで、たまに音声がタイムアウトのごとく途切れるんですが、それでも十分。出先じゃ音出さないし!

そんなわけで、現行のAtom+Windows8+IEなら艦これはできちゃう!
直近の話題だとAcerの8インチのやつが該当しますが、価格もそれなりだし、特攻してもいいんじゃない!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック