ASUS VivoBookでドラクエベンチ

ドラクエ10のPC版、Surface公式が動作可能を謳ってたので、同様のIvyBridge搭載の我がVivobookでも試してみました。
なお、高品質方向は実用的でないので試してません。と言うか、高品質を望むなら内蔵グラはやめましょう、と言うのはお約束。
ちなみにWii版ドラクエは未プレイなりーw
画像


まずはざっと、身の丈にあったベンチ結果を。

○1280×720 標準品質で1888(重い)
最初の方は問題ないのですが、後半の大量表示や環境光等が入るとキツい感じ。
実際のゲームだとおそらく人でごった返した町中や、エフェクト多様な戦闘とかは厳しいかも知れませんね。

○640×480 標準品質で3167(普通)
Wiiエミュみたいな小ささ。まあ、フォントが読めれば問題ないけど、あまり実用的ではなさそう。
でもスナップとか使ってTwitterしながらとかだと、このサイズしか選択肢が無いね!

○1280×720 低画質で2289(やや重い)
同解像度・標準画質に比べ明らかに見劣りします。動きも重いし、だったら標準品質で行きましょうってレベル。

とまあ、こんな感じで、出来ない!と明言されはしなかったって感じです。
SurfaceProはi5、SSD搭載なのでもう少しましかなと思いつつも、FullHDのためグラフィクスに多少の負荷があるため、もしかするとどっこいどっこいの結果になるかも知れません。

ハードウェアの価格的からすると確かに高級なSurfaceの方が豊かなユーザーエクスペリエンスを提供してくれるかもしれませんが、半額のVivobookもゲームプレイに関しては同レベルのものを提供してくれそうです。
やっぱすごいよ、ASUS。


今回のベンチスコアから、最新のHaswell搭載機ならもう少し優秀なスコアが望めることも容易に想像出来るため、もしxpからの買い替えで、ドラクエも遊びたい!って人がいたら割と低価格・軽量なモバイルでも行けちゃうんじゃないかなー、ってのが総評です。

くすのせはintel+Windows8をこよなく愛するマカーです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック