ASUS X202E-CT3217を買う。

ASUSの超低価格Windows8ノート、X202E-CT3217が、大変お手頃価格だったので買ってみました。

画像

タッチ付11インチのCore i3搭載軽量ノートが実売44800円、信じられませんな!
ま、各所でぼちぼち話題にはなっているのですが、次期Coreファミリーが控えてる故の値下げだと思うのですが、そういうタイミングで、じゃあいつパソコン買うの?

今でしょ!

画像

まあ基本的にパッケージはお金かかってない感じ。
このシリーズ、Pentium、Core i3、i5とラインナップされてるのですが、省電力という意味ではi3モデルが正解なのかな。
i5は確かにブーストできるんですけど、あれはマルチコア・マルチスレッドのCPU特性を無視して稼働させるから好きじゃないんですよね…
同じアーキテクチャのMacBookAirは、多少エンコード処理もするので恩恵はあるのですが、今回それはないので。

画像

ACアダプタは小さいけど、できればプラグ引っ込めるようにしてほしかったですね。

画像

袋から出してみると、そこはかとない高級感。よく見るとアルミの層は極薄っぽいが。

画像

電源、LAN(ギガビット非対応w)、HDMI、USB3、USB2、なにげにケンジントンロック。
画像

VGA、USB2、ヘッドセット端子、メモリカードスロット(とりあえずSDHCまで認識した)

拡張性は概ね・・・普通といったところでしょうか。

画像

裏はスッキリ。というより、丸ごとはずれるだけです。

画像

天板のASUSロゴはよく見ると高級感があります。
Nexus7で一気に知名度が上がりましたから、これを見せびらかしたらモテるかもしれません。

画像

良くも悪くも普通のノートですね。
ただ、前述したとおり、非常に安価でタッチ付ということもあり、値段以上の出来の良さを感じます。
どこかのさーなんとかって言うRT機のほうが確かにオサレではあるのですが、こちらのほうが玄人むけです。

とりあえずですね、これほどまでにマウスがいらないと思ったことはないくらいにWindows8機は使いやすいです。
そのあたりは、次回の中身編で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック