EIZO EV2336W-FS を 試 す。

散財記録です。

EIZOのEV2336W-FSBK
これも去年だだーっと買ったやつ。
画像

少し前はナナオのモニタと言ったら業界標準だのプロ仕様だのもてはやされていましたが、エントリークラスはずいぶん手を出しやすくなりました。
とはいえ、買うからにはIPSじゃなきゃやだもん!ってことでFORISとも比べたんですが、スタンドが万能だったのでこちらになりました。

結論から言うと、とても見やすくおとなしいモニタです…それだけ…?
でも、余計なものが付いて大爆発みたいな要素はないのである意味正解なのかな…
やたらと省電力機能が強くて、賢者モードにでもなろうものなら、即不在と見なされてモニタがスリープしてしまいます。ま、設定でどうにでもなりますが。

そんじょそこらの安物モニタとの決定的な違いは標準のスタンド。
高さ・角度はかなり自由度が高い。特に高さは絶対にiMacとかでは出せないアドバンテージ。
画像

ちょっと前のBoseのスピーカーの傾斜に合わせられる!

でも、割と大げさな装置なので、奥行き自体はけっこうとってしまうんですけどね…。
しかしそれを差し引いてもあまりある快適さ、これがEIZOクオリティですよ!たぶん!!

ちなみにシンセとOSCでLogicを操作するときはもっぱら立ち作業なんですが。
画像

モニタに角度が付けられるので立ち見でも見やすい。高さもスイ~って変えられますしね。

注意しないといけないのは、最近標準になりつつあるHDMIが無いこと。
Mac miniとの接続はThunderbolt→Displayportで行ってます。
mini添付のHDMI-DVIアダプタだと音声は行かないので…(搭載スピーカーまず使いませんけど)

そんなわけで、いい感じのモニタスタンドでしたー…モニタスタンド!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SIS
2013年01月18日 10:20
NSX新型公開ー。
姉御に会いたいですねー。

この記事へのトラックバック